LCC春秋航空日本は運賃が格安ながら、座席は広め、充実のサービスも展開

日本4社目のLCC春秋航空日本の特徴とは?
春秋航空日本は、日本の格安航空会社です。中華人民共和国の格安航空会社である春秋航空が出資をして、2012年に設立された、比較的新しい航空会社です。2014年に成田を拠点として佐賀、広島、高松という3路線の国内線に就航しています。春秋航空日本は、日本国内で4社目となるLCCです。その特徴としては、LCCでありながら、サービスが充実しているということが挙げられます。LCCなので、チケットを予約する段階で、とにかく航空券が格安に購入することができるというメリットを享受することができます。その支払い方法もクレジットカード決済、コンビニ払いに加えて、コールセンターにて電話予約をした場合には銀行振り込みも可能となっています。なかなか銀行振り込みに対応できる格安航空会社はないので、これは嬉しいポイントでしょう。さらにLCCはコールセンターに繋がりにくいことが多いですが、春秋航空日本の場合、繋がりやすくなっています。

きめの細かいサービスが好評
他にも春秋航空日本のきめの細かいサービスとしては、手荷物の手数料が10kgまでなら無料ということも挙げられます。そして搭乗当日も自動チェックイン機の使い方が分からない方のために、丁寧に対応をしているスタッフの姿を見ることもできます。搭乗券をもし紛失してしまった際にも、無料にて再発行してもらうこともできるので、とても安心です。とにかく利用者からは、春秋航空日本の対応は親切で満足しているという声を見受けることができます。

座席が広く、100円の自販機も充実
さらに機内に入ると、とにかく座席が広いことを実感できる方が多くなっています。格安航空会社であるLCCの場合、できるだけ多くの客を詰め込もうとするため、必然的に座席は狭くなりがちですが、春秋航空日本の場合、他のLCCと比較してみても座席が広いのが大きな特徴です。座ってみると、余裕があり、これなら快適にフライトを楽しむことができるはずです。そして気になる機内サービスですが、春秋航空日本は中国の春秋航空が出資しているので、中国系のサービスなのかな、と思う人も多いかもしれません。ただ、客室乗務員はほとんどが中国人ではなく日本人で、丁寧な言葉使いと丁寧な対応をしてもらうことができます。春秋航空日本の特徴としては、機内に100円にて販売機が置いてあるということが挙げられます。お茶やコーヒー、お菓子などを手軽に自分が好きなだけ、自動販売機にて購入できるのは、手軽で良いと口コミでも好評となっています。

格安な運賃ながら、利用者満足度は高め
LCCはコストを軽減しなくては、安い運賃を提供することが難しいですが、春秋航空日本の場合は決してチープな感じは受けず、サービスも充実しているとあって、ますます人気となっています。期待以上のサービスを受けることができ、利用者の満足度も高いLCCの一つです。LCCはかつて、とにかく格安な航空券を購入できれば良いという方向けの航空会社でしたが、最近ではこの春秋航空日本のように、格安航空券を購入できながら、フライトも満足できるように工夫がされています。とりわけLCCで広めの座席を探している方などに、春秋航空日本はとてもおすすめでしょう。期待以上のサービスを経験できる春秋航空日本は、初めてLCCの航空券を購入する方にも最適です。

投稿日:

春秋航空日本を体験!機内は清潔でLCCながら満足なフライトに

春秋航空日本に乗ってみて
日本で4社目のLCC、春秋航空日本に興味がある方は、実際に乗ってみるとどのような感じなのか、気になる方も多いでしょう。まずチェックインは自動で行うようになっています。自動チェックイン機に予約確認書のバーコードをかざすだけなので、どなたでも簡単に行うことが可能です。ただ、その方法が分からない場合には、スタッフの方が丁寧に教えてくれるので、気負う必要はありません。その後は、普通にセキュリティチェックを受け、待合室で待機します。ゲートでは紙の搭乗券をスタッフが受け取り、バーコードにかざして、半券を手でちぎります。チェックインから搭乗まで、このように何の問題もなく、スムーズに行うことができます。

機内に入るとボーイング・スカイ・インテリアが印象的
機内に入ると、新車のような匂いがします。新しい航空会社なので、機内も綺麗で清潔感があり、新しくなっています。そして目を惹くのが通路上にあるボーイング・スカイ・インテリアです。これは最新の機内照明なのですが、青色の光が幻想的で、なかなか綺麗だと思います。さらにLCCで一番気になるのはシートピッチでしょう。LCCは航空券が格安なので、その分、一度に乗客を詰め込む傾向が強いのですが、春秋航空日本の場合、決して詰め込まれすぎる感じはなく、むしろゆとりすら感じられるほど、前と隣には余裕があります。搭乗率も75%程度と、みっちり詰められているわけではなく、ゆとりを持って、フライトを満喫することができます。追加料金を支払えば、最前列のシートや非常口座席に座ることも可能となっています。

中国色の強いLCCという印象を払拭
機内は日本語表記と英語表記があり、中国語表記はありません。アナウンスも日本語と英語です。またコーヒーは100円にて購入することが可能で、一度100円で購入すれば、追加料金はなしでコーヒーを何度でもおかわりすることができます。小さなお菓子なども格安にて購入することもできるので、小さなお子様がいても安心です。春秋航空日本は、中国の春秋航空が出資しているので、中国色が強いLCCなのでは、という印象を最初はもたれるかもしれません。ただ、実際に利用してみると、中国の航空会社だというイメージはほぼ払拭され、格安な航空券を購入でき、このパフォーマンスなら満足だという印象を持ちました。

投稿日:

時刻表は定期的にチェックがマスト!格安LCCを便利に利用しよう

格安LCC春秋航空日本の時刻表について
時刻表は予告なしに変更されることがありますが、東京から佐賀間を就航している時刻表は現在、東京成田発11時40分で到着が13時55分、16時40分発で18時55分着、佐賀を14時40分発で16時25分着、19時40分発で21時25分着の4便があります。毎日就航しているものと、週末の金、土、日のみのものがあるので、注意しましょう。

東京成田から広島を就航しているものは、東京成田発7時で8時40分着、17時10分発で18時50分着、広島を9時25分発で10時55分着、19時35分発で21時05分着のものがやはり4便就航しています。こちらは毎日この4便が就航しています。東京成田から札幌を就航しているものは、東京成田を7時15分発で8時55分着、札幌9時40分発で11時15分着の2便が就航中です。こちらもどちらも毎日就航しています。大阪も基本的に毎日、東京成田12時発で大阪13時30分着、大阪14時35分発で東京成田16時着の2便が就航しており、時期によってもう少し就航する便が増えることもあります。

時刻表はできるだけ頻繁にチェックして
春秋航空日本の時刻表は変わりやすいので、できるだけ頻繁に時刻表はチェックしておいた方が良いでしょう。毎日同じ時間帯に就航している場合、こちらは分かりやすくて良いのですが、そうでないイレギュラーな便もあり、それを利用すればより効率的に移動することができる場合もあるので、その便を利用できるように時刻表を把握しておく必要があります。

日本国内の移動をこれだけ短時間に、格安に航空券を購入することができる春秋航空日本は利用して決して損はありません。特に国内の出張に頻繁に利用する場合には、こちらを選んで間違いないでしょう。LCCというとサービスが行き届いておらず、座席も狭いイメージがありますが、春秋航空日本の場合、利用者の満足度も非常に高く、評判も上々となっているので、とてもおすすめです。

投稿日:

身体が不自由な方でも搭乗可能な春秋航空日本!まずは問い合わせを

身体が不自由な方、病気、けが、妊娠中の方は医師の同意書などが必要な場合も
LCCを利用する際に、不安がある方もいるかもしれません。例えば足や目、耳が不自由な方の場合、予約の際にその旨を伝えておけば、きちんと対応してもらうことが可能です。同行の方がいるかどうかや、どの程度不自由なのかなど、度合によって適する対応を取ってもらうことができるので、安心してフライトに臨むことができるでしょう。また病気やけがをしている方が搭乗する場合も、医師に相談の上で搭乗することができます。ただ、体調が変化する可能性があったり、最近手術を受けたばかりの方などは搭乗を断られることもあります。こちらも事前に問い合わせておくと安心でしょう。

さらに妊娠中の方の場合も32週未満か、32週以降35週未満の方かなどによって、対応が異なります。同意書、ならびに診断書がないと搭乗できないこともあるので、こちらも事前に確認しておく必要があります。

子供の一人旅も安心
また春秋航空日本では、お子様一人旅も展開しています。これはジュニアサポートサービスというもので、6歳以上12歳未満の小児が12歳以上の同伴者がおらず、搭乗する場合にジュニアサポートサービスを利用して、フライトすることができます。小児単独旅行手数料がかかるものの、安心して子供を一人で旅させることができるでしょう。ジュニアサポート申し込み書があるので、それを提出することによって、利用することができます。

初めて子供を一人で飛行機に乗せる機会を設けたいと考えているなら、春秋航空日本のこちらのサービスを利用するのも良いかもしれません。他にも医療用自己注射器が必要な方の場合、機内で使用することが可能です。使用済の注射器などを機内や空港内で処分することはできず、自分自身で持ち帰ることが原則となっていますが、こちらも安心してフライトに臨むことができるでしょう。機内環境の関係上、機内で人工透析をすることはできないのですが、そうでない病気の方などは事前にどの程度、対応してもらうことができるのか、一度問い合わせてみるのが良いと思います。実際に他の航空会社では断られた方が、春秋航空日本では搭乗できたというケースもあります。

投稿日:

予約はどうすれば良い?気になる疑問などを一気に解決!

搭乗前に気になる予約などについて
搭乗前には気になることが多々あるでしょう。例えば、どのように予約をしたら良いのか、そこが気になる方もいるかもしれませんが、ウエブサイト上であったり、コールセンターへのお電話、空港カウンターに直接足を運んで申し込むなどの方法があります。一番簡単なのが、ウエブサイト上での申し込みでしょう。パソコンですぐに申込むことができるので、非常に便利です。スマートフォンでも申し込むことができますが、サイトがPCサイトのみとなっているので、注意しましょう。自分一人で申し込むことが難しいなら、旅行代理店を通じて申し込むこともできます。

旅行代理店でも、取り扱っている会社とそうでない会社があるので、こちらも事前の確認が必要です。キャンセル待ちができるのか、ということが気になる方もいるかもしれませんが、春秋航空ではキャンセル待ちは承っていません。違う日程や違う時間帯にずらして利用するようにしましょう。事前にフライト日や時間が決定しているなら、できるだけ早めに予約をしておくと安心です。一度に9名まで予約することが可能なので、同乗者がいるなら、まとめて一度に予約をしておくのがおすすめです。予約方法は決して難しくないので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ペットや新生児、ペースメーカーを埋め込んでいても搭乗可能?
さらに気になるのは、ペットも一緒に搭乗できるのか、ということもあるでしょう。春秋航空日本ではペットを預かるようなサービスはなく、機内に持ち込むことも不可ですので、気を付けましょう。

またペースメーカーを体内に埋め込んでいる方の場合、搭乗できるか気になるかもしれませんが、ペースメーカーを埋め込んでいても、搭乗することは可能です。また新生児を連れて搭乗したいという場合もありますが、生後15日未満の新生児は飛行機に乗ることができないので、15日を過ぎてから、利用するようにしましょう。他にも気がかりなことはあるかもしれませんが、公式サイトで解決できないようなことは、春秋航空日本のコールセンターに確認しておけば安心です。