LCC春秋航空日本は運賃が格安ながら座席は広め、充実のサービス

LCC

日本4社目のLCC春秋航空日本の特徴とは?

春秋航空日本は、日本の格安航空会社です。中華人民共和国の格安航空会社である春秋航空が出資をして、2012年に設立された、比較的新しい航空会社です。2014年に成田を拠点として佐賀、広島、高松という3路線の国内線に就航しています。春秋航空日本は、日本国内で4社目となるLCCです。その特徴としては、LCCでありながら、サービスが充実しているということが挙げられます。LCCなので、チケットを予約する段階で、とにかく航空券が格安に購入することができるというメリットを享受することができます。その支払い方法もクレジットカード決済、コンビニ払いに加えて、コールセンターにて電話予約をした場合には銀行振り込みも可能となっています。なかなか銀行振り込みに対応できる格安航空会社はないので、これは嬉しいポイントでしょう。さらにLCCはコールセンターに繋がりにくいことが多いですが、春秋航空日本の場合、繋がりやすくなっています。

きめの細かいサービスが好評

他にも春秋航空日本のきめの細かいサービスとしては、手荷物の手数料が10kgまでなら無料ということも挙げられます。そして搭乗当日も自動チェックイン機の使い方が分からない方のために、丁寧に対応をしているスタッフの姿を見ることもできます。搭乗券をもし紛失してしまった際にも、無料にて再発行してもらうこともできるので、とても安心です。とにかく利用者からは、春秋航空日本の対応は親切で満足しているという声を見受けることができます。

座席が広く、100円の自販機も充実

さらに機内に入ると、とにかく座席が広いことを実感できる方が多くなっています。格安航空会社であるLCCの場合、できるだけ多くの客を詰め込もうとするため、必然的に座席は狭くなりがちですが、春秋航空日本の場合、他のLCCと比較してみても座席が広いのが大きな特徴です。座ってみると、余裕があり、これなら快適にフライトを楽しむことができるはずです。そして気になる機内サービスですが、春秋航空日本は中国の春秋航空が出資しているので、中国系のサービスなのかな、と思う人も多いかもしれません。ただ、客室乗務員はほとんどが中国人ではなく日本人で、丁寧な言葉使いと丁寧な対応をしてもらうことができます。春秋航空日本の特徴としては、機内に100円にて販売機が置いてあるということが挙げられます。お茶やコーヒー、お菓子などを手軽に自分が好きなだけ、自動販売機にて購入できるのは、手軽で良いと口コミでも好評となっています。

格安な運賃ながら、利用者満足度は高め

LCCはコストを軽減しなくては、安い運賃を提供することが難しいですが、春秋航空日本の場合は決してチープな感じは受けず、サービスも充実しているとあって、ますます人気となっています。期待以上のサービスを受けることができ、利用者の満足度も高いLCCの一つです。LCCはかつて、とにかく格安な航空券を購入できれば良いという方向けの航空会社でしたが、最近ではこの春秋航空日本のように、格安航空券を購入できながら、フライトも満足できるように工夫がされています。とりわけLCCで広めの座席を探している方などに、春秋航空日本はとてもおすすめでしょう。期待以上のサービスを経験できる春秋航空日本は、初めてLCCの航空券を購入する方にも最適です。